書籍檢索: : Google Books
 

 


 
自由・平等・植民地性―台湾における植民地教育制度の形成―( 中文書名:自由・平等・殖民地性--臺灣殖民地教育制度之形成 )

山本和行 著

2015年05月
精裝 / 21*15cm / 352頁 / 單色(黑) / 日文

叢書系列日本學研究叢書 17
ISBN: 978-986-350-072-8
GPN: 1010400524
定價800

線上購買:
線上試閱: Google Books
 

簡介
作者
目次
序言

日治時期臺灣近代教育制度的形成受到哪些影響?
如何使臺灣步上殖民地化的歷史進程?


本書的課題是解釋臺灣近代「殖民地性」的教育制度在哪些歷史條件影響下形成。本書關注1890年代在日本「內地」教育界討論的教育「自由與平等」、「國家與地域」問題,也檢討1890年代在「內地」日本與「外地」臺灣雙方教育制度的形成過程。在這些考察成果上,試圖具體地解釋臺灣近代教育制度在各式各樣的時代因素下,最終獲得「殖民地性」的過程。

台湾の近代的教育制度は、いかなる歴史的条件に規定され、「植民地性」を帯びたものとして形成されるに至ったのか。本書では、台湾が日本の植民地となった1890年代に日本「內地」の教育界で議論されていた、教育の「自由と平等」、「国家と地域」をめぐる議論に注目し、1890年代における「內地」日本と「外地」台湾の双方における教育制度形成の展開過程について検討する。そのうえで、台湾の教育制度がさまざまな時代要因のなかで、結果として「植民地性」を付与されるに至るプロセスを、具体的・実証的な視点から明らかにする。